エステで行われている光脱毛とは?

光のパワーで毛根と毛の再生組織を破壊する

多くのサロンで行われている「光脱毛」は、様々な波長をもつ光の中でも特に黒い色に反応する光を使用するものです。この光を脱毛したい部分に照射すると、毛に含まれる黒い色素に反応して吸収され、そこで熱エネルギーに変換されます。この熱によって毛根や毛の再生組織を破壊し、今ある毛を脱落させると同時に新しい毛が生えにくくなるというわけです。
毛には「毛周期」という生え変わりのサイクルがあります。このうち光脱毛が最も有効になるのは毛が黒い色素をたっぷり含む「成長期」です。脱毛を効果的に行うためにはこの毛周期に合わせて施術する必要があります。そのため施術は2~3ヶ月おきに行い、ほぼ自己処理が必要なくなるレベルに達するには12~18回ほど施術することになります。

痛みが弱いのが特徴だが施術前後のケアには注意が必要

サロンの光脱毛はクリニックの医療脱毛とよく比較されますが、その最大の違いは機器の出力です。医療脱毛の方が出力が高いため脱毛効果も高いですが、その分痛みも強くなっています。光脱毛は出力が弱いので脱毛が完了するまでに回数がかかりますが、痛みが少ないので気軽にチャレンジすることができます。
光脱毛で使用する光は黒い色に反応するため、日焼けした肌や色素沈着のある場所には当てることができません。したがって、施術を受ける場合は最低でも2週間前からは日焼けをしないよう気を付ける必要があります。施術後の肌は敏感になっているため、紫外線や乾燥から守るケアが欠かせません。乾燥もしやすいので、いつも以上に保湿を心がけるようにしましょう。

銀座で脱毛の施術を行っている店舗の中には、顧客の希望に応じて全身脱毛から部分脱毛まで幅広く対応しているところが多くあります。